髪をダメージから守るヘアケア

昔から髪の毛が細く、コシがないほうなので、ダメージから守るためにはヘアケアがかかせません。
髪の毛を洗った後は、よくタオルドライしてから、椿油を2~3滴手の平であたためて、毛先にのばします。
こうすると、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるので、枝毛などになりにくいのです。
また髪にもツヤが出て、毛先がまとまりやすくなります。
ドライヤーは、できるだけ時間をあけず、すぐにかけるようにしています。
あまり地肌がしめった状態が長く続くのは、頭皮にとって良くないそうです。
ナノイオンが出るドライヤーが髪に良いと聞いて、最近購入しました。
このドライヤーには、温風と冷風のほかに、地肌を乾かすためのモードもついているので、ある程度温風で乾かしたら、モードを変えて地肌をよく乾かすようにしています。
出かける前には、髪の毛に必ず紫外線防止のスプレーやクリームをつけます。
紫外線は肌だけでなく、髪の毛にもダメージを与えるそうなので、肌と同様気をつけるようにしています。
こういったヘアケアを毎日していたら、以前よりも髪の毛にコシが出て、傷みも少なくなってきた気がします。

Comments are closed.