借金を持つ人と関わり学んだこと

私の元友人が借金をしており、借金やお金について考えさせられました。
借金をしている人間の生活を見てみると、お金に困っているのにタバコを吸う、飲む必要が無いのにお酒を飲む、ちっとも働かずに知り合いや友人と遊び交際費を使っている、水道代や電気代を滞納して延滞料金を支払っているなど、散々なものでした。
借金をしないためには、借金をしている人と真逆の生活をすることが大切です。
タバコとお酒をせず、食事はなるべく自炊をし、支払うべき料金は早めに支払ったり、まとめて支払いお金を浮かせる、真面目にコツコツと働く、交際費の使いすぎに気をつけるなど、実践しました。
借金をしないようにと気をつけているだけでも、借金から遠退き堅実な生活ができます。
更に気をつけたい点は、交友する友人選びです。
家族にバレずに借金返済

なぜかといいますと、ルーズな友人や借金を持つ友人と付き合っていると、ついお金を貸してしまったり、価値観に影響されてしまい、自分までずぶずぶとルーズになってしまい、借金にも慣れてしまうのです。
これに気づいてからは、自分の意識を高めるように、上を見るようになりました。
お金を使わずとも楽しめる運動、読書、料理、労働などに熱中し、ストレス無くお金を節約できています。

Comments are closed.